読んだ本

2011年11月12日 (土)

マンボウ

111112

 北杜夫氏の訃報に接して、「どくとるマンボウ」シリーズを読み返したくなった人は日本中にたくさんいると思う。私もそのひとりで、「どくとるマンボウ」と「楡家の人びと(上)(下)」を持っていたはずだなと思い、実家から発掘してきた。「マンボウ」が昭和60年47刷、「楡家」が同年29刷、3冊とも新潮文庫。「マンボウ」がとても面白くて、「楡家」を買った記憶はあるのだが、話の内容はどちらも綺麗さっぱり忘れている。さて読み返してみるかとページをめくって驚いた。
 字の小ささが半端ではない。
 1ページに43文字17行。同じ新潮文庫で平成18年に出版されたものは、38文字16行。数だけ見ると、1行につき5文字、1ページにつき1行増えているだけだが、最近のものは余白が狭くなっていることもあり、一文字の大きさは随分違う。「楡家」の方は、今出版されている文庫だと3分冊のようだ。
 この3冊、紙のやけ具合も、ホコリっぽいにおいも、そしてこの活字の小ささも、立派に古書である。四半世紀前の自分が読んでいた本が、見かけは古くなったにしても、中身はそのままに目の前にあると思うと、なんだか感慨深い。昔、父親が学生時代に読んでいた文庫本を本棚で発見した時と同じような気持になった。
 ありがたいことに、まだ小さい字が見えないという現象は起きていないので読むのに支障はないのだが、それにしてもこれだけ小さいと、早く読まねば・・・と妙に焦ってしまう。


2010年11月29日 (月)

湯山玲子著「四十路越え!」

約2年前に買った湯山玲子氏著の「女装する女」が気に入って、以来湯山氏ブログをチェックしているのだが、このたび出た新刊を早速読了。

ちょうど1ヶ月前、まさに四十路に突入した私。
この本には、「あ、コレは自分が今から四十路を進むに当たって指針になりそう」と思える示唆がいくつかあった。

毎日の生活、それなりに刺激や発見、感動が無いわけではない。もちろん、大きな不満など全く無い。
けれど、「あぁ、もしかして私の人生って、ずーーーーっとこのまま行ってしまうかもしれない」と考えると、ちょっとだけぞっとしたりもする。

サラサラと流れていく川の流れに、ただただこのまま、身を任せているだけでよいのだろうか???という疑問を抱く自分。
しかし、川の流れに逆らって泳いでやろう!という情熱が、おそらく10年前と比較したら確実に薄れている自分。
そして、やっぱり特に何もせず流れに身を任せるだけの自分。
それに気づいて「このまま身を任せていていいのだろうか?」と疑問を抱く自分・・・(以下振り出しに戻る)。

そんな私ですが、この本は、
湯山氏いうところの「第2エンジン」に火をつけてみよう、なんて気持に久々にさせてくれました。

2010年7月25日 (日)

男は酢の物が苦手

「おいしさの秘密!」メディアファクトリー
著者:栄養科学者 伏木亨、フードスタイリスト 飯島奈美

「「やめられない食べ物」には糖、脂、うま味が入っている」
などなど、人間が「おいしい」と感じるしくみがわかりやすく書いてある本。
この本で私がもっともガッテンしたのが
「女性は酸っぱいものが好きで、男性は酸っぱいものが嫌い」というくだり。

続きを読む "男は酢の物が苦手" »

2009年8月23日 (日)

「ヨーガン レールの社員食堂」

野菜をたくさん摂取する(目標1週間に50種類)ことにはまっている。
しかしアイディアも底をついてきたので、ヒントを求めて本屋の料理本コーナーへ。

料理の写真が大きく載ったカラフルな料理本に混ざって、普通の単行本のような顔をしたこの本、「ヨーガン レールの社員食堂」(高橋みどり著、PHP研究所)はあった。

続きを読む "「ヨーガン レールの社員食堂」" »

2009年8月 1日 (土)

暮らしの手帖

華やかな女性雑誌コーナーにあって、そのシブイ外見で異彩を放つ「暮らしの手帖」。
内容もシブく、最新号である8・9月号の表紙には、「ぞうきんと拭き掃除」の文字が踊る。

ぱらっと中を見てみると、「昔は物自体がありませんでした。使い古した布を手縫いで雑巾に仕上げ、それも擦り切れるまで使います」という昭和テイストのご紹介。でもこれ、今風に言えば「エコ」。

続きを読む "暮らしの手帖" »

2009年4月29日 (水)

ちびまる子ちゃん

「ちびまる子ちゃんのファンだからコミックを全部持っている」と豪語していた私。
自分が持っている13巻で終わりだと思っていたのが、10年ぶりに読み返してみたら「14巻に続く」と書いてある。

「え!ひょっとして14巻が出てるの」と検索してみたら、不覚にも、14巻・15巻が出たことを見逃していた。これでよく「ファンだ」とえらそうに言っていたものだ。

しかし、この検索のおかげで、つい2週間前の4月15日には16巻が発売されたばかり(なんと6年ぶり!)という情報も得ることが出来た。GWの友にしようと、14・15・16巻を早速買ってきた・・・が、GW本番を待たずして、もう読了。

改めて1巻から読み直してみると、さくら先生の絵がどんどん変わっていく様が面白い。

2009年4月15日 (水)

「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」

久々に「読んだ本」。
「会社人生で必要な知恵は全てマグロ船で学んだ」著者:齋藤正明(マイコミ新書)

会社の命令で40日間マグロ船に乗り込んだ著者。船の上と言えば、他に逃げ場のない閉ざされた空間。そこで著者が見聞きした、仕事観やコミュニケーション術などを綴った本、と簡単に言えばこんなところ。

コミュニケーションに関する記述は既知のものが多かったが、私が最も印象に残ったもののひとつは、釣り上げたマグロの処理の仕方。船に上げたら、すぐに頭から背骨沿いにプラスチックの長い棒を突き刺して、神経を壊して体の動きを止める。そうしないと、マグロが船上で激しく暴れまくって体内の温度が50℃を超えてしまい、内蔵が「焼けて」白くなってしまうのだそうだ。

続きを読む "「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」" »

2009年3月17日 (火)

「断る力」著者:勝間和代

第4章にきて、この本を読んでよかったと思った。
「断る力」というタイトルから、私はこの本の趣旨を自分本位に周りからのオーダーを取捨選択していくノウハウ本、と捉えていた。
実際、大雑把に言ってしまえば「自分本位に周りからのオーダーを取捨選択していく」ことを説いているのだけれど、そうすることで行き着く先というのが、奥深かった。狭い意味での「自分本位」からは程遠い、大きな視点がそこにあった。

続きを読む "「断る力」著者:勝間和代" »

2009年3月 4日 (水)

『ルリユールおじさん』著者:いせ ひでこ

『ルリユールおじさん』著者:いせ ひでこ (理論社)

これは、姪に絵本をプレゼントしようと思って本屋の絵本コーナーをふらついていたとき、目に留まった絵本。
赤や黄色など明るく元気な色づかいの表紙が並ぶ中、ブルーグレーが主体の水彩画の表紙は目を引いた。

立ち読みした。
感動した。
自分用に買おうかな・・・とかなり迷ったが、結局レジへは進まず帰って来た。
帰宅して、やっぱり忘れられずにアマゾンで注文した。

これまで私は、自分が生まれてから死ぬまでの期間を、ひとつの完結したものと思っていた。私個人の人生という視点でみれば間違ってはいない。
ただ最近、親の親のそのまた親からずっとずっと続いている流れの中のごく一部の期間だ、とも考えるようになった。

これは、姪が生まれてから強く強く感じている。
おそらく30数年前に私や妹がやっていたようなことを、姪がまた繰り返している。
そして、姪の母である妹も、私たちの母親がやっていたようなことを、これまた繰り返している。
人間が生きるというのは、日々個別にいろいろな問題はあるけど、大きな視点で見れば、基本的には「次へつないでいく」ということなのだなぁと思うのだ。

で、この『ルリユールおじさん』。
パリにすむ本作りの職人のおじさんと、本が大好きな女の子の物語だ。本作りの職人さんも、時代の流れでほんとうに希少価値になっているそうだが、本作りは人間の知識を次へつなぐ大事な仕事だ、とまさに職人魂にあふれるおじさんの姿勢が、気持ちよくて頭を下げたくなる。
目の前の小さなことで煩わされそうになったら、そのたびに読み返したくなる本。

それから、この絵本にこれでもかと出てくるパリの町並みの絵が、私は最高に好きだ。
作者のいせひでこさん、こんな素敵な絵本を作ってくれてありがとう。

2009年2月 2日 (月)

「ストレスに負けない生活」熊野宏昭著

「ストレスに負けない生活 -心・体・脳のセルフケア-」著者:熊野宏昭 

脳の働きとストレス・リラックスの関係、生活習慣が心身に与える影響など、読み応えがある。
最初はパパっと読み流したのだが、これは三毒追放用参考図書になる!と実感する部分が多いので、再度じっくりじっくり読んでいるところ。「脳や身体がこういう仕組みになっているから、三毒追放したほうがいいのだ」と納得できる本。

さて、第5章に「ワナワナリーディング」を紹介した数行があるのだが、その数行を読んだ瞬間、これって、私がかつて受講した(そして今はまったく実践していない)フォトリーディングに、似てない??と心の中で叫んだ。
「ワナワナリーディング」は初めて聞いた言葉なのだけど、あぁ、フォトリーディングをもう一度素直な気持ちで取り組んでみよう、と思わせる説得力のある数行だった。

その数行部分を引用すると、
・・・・(略)「ワナワナ」とは、「わかった、なるほど」「わかった、なるほど」と頭の中で唱えながら、音に置き換えずに目で文字を追っていく読書法です。驚くことに、それでも意味はわかるのです。しかも言葉が思考の拮抗反応になるために余計な考えが入る余地がなく、非常に高速で読み進めることが可能になります(以後略)

ちなみに私が受講したフォトリーディングのクラスでは、「わかった、なるほど」と唱えてはいませんでしたが。

その他のカテゴリー