« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

ファストフード=青春

夫と外出のついでに、サブ◯ェイでお昼を食べることになった。ファストフード店は随分久しぶり。前回いつ行ったのか、思い出せない。

窓に面したカウンターに並んで座って、パンに挟まった野菜をこぼさないよう食べていたら、なんか突然「う!!青春だわ」と感動してしまった。わははは。

たまにはファストフードもいいですね〜。

2012年9月29日 (土)

あなたが私を幸せにする

最近、かなり使い勝手がよく感動した商品があったので、思わず製造された方にお礼のメールを出した。

以前の私は、物を買って自分の生活が便利になるのは、当たり前だと思っていた。
製造者に対しては、「商品として対価を払って購入したことが十分なお礼だ」と考えていて、わざわざ感謝の意を伝えるなんてしたこともなかったのだけれど。

よくよく考えてみれば、どんな商品も、きっとものすごい試行錯誤を繰り返して作られているのだと思う。
対価を払ってるからそれでいい、というケチくさい発想に縛られてなくたって、素直に「こんなに便利なものを作ってくれてありがとう」と伝えればいいじゃない?とふと思ったのだ。そんな気持にさせられてしまうほど、惚れ込んだ商品だった。

そうしたら、「とても嬉しいです。これからの励みになります」とご丁寧にお礼を下さった。そのお礼を見て、こちらもまた幸せになってしまった。「自分の作ったものや行為で人が幸せな気持ちになったこと」がわかるって、ものすごく嬉しいよね、きっと。多分それは、お金に換えられるような種類のものではない喜びなんだと思う。

「あなたのおかげで幸せになった」ことを表現すれば、伝える方も伝えられた方も幸せ。
なんか、いい連鎖。

安野光雅トランプ

20120929

「津和野にある安野光雅美術館へ行ってきたよ」とお友達からお土産にいただいたトランプが我が家に仲間入り。各マークごとのジャック、クイーン、キングの絵柄がどれも個性的でとてもかわいい。

安野作品って、誰もが、どこかで目にした事があるのではないでしょうか。色合いとタッチが丸くて、見ていると心が和みます。

どうもありがとう。


2012年9月 3日 (月)

9月

201200903_1_2

 最高気温はまだまだ30度を上回るけれど、明らかに秋。

2012年9月 1日 (土)

3キロのかぼちゃを食べつくす(2) ~かぼちゃをつぶしてみた

 残りのかぼちゃは、つぶしてみることにした。種とワタを取ってレンジで柔らかくしてから皮をむく。あとはひたすらつぶす、つぶす。半分はマッシャーでつぶしてから裏ごしし、スープとプリンに。もう半分は・・・、疲れ果てて裏ごしする力がなくなった。こちらは茶巾絞りに。

 かなり手が疲れたけれど、ひたすらかぼちゃをつぶしたり、茶巾で形を作ったり・・・。速さだけを重視して作る普段の食事とはまた違って、手間をかけて半ば趣味的とも言える料理をする時間は、楽しい。

20120831_03

<かぼちゃ茶巾>
かぼちゃ(つぶしたもの)150グラム、砂糖 大さじ1、牛乳 大さじ3
※全てを混ぜて、サランラップに包んで茶巾しぼり。牛乳でのばしているせいか、煮物よりも粉っぽさが薄らいで、胸につかえるような感じがない。これならいくつでも食べられそう。このまま冷凍しておけば、お弁当の彩りなどにも使えそう。


20120831_04

<かぼちゃプリン>
かぼちゃ(つぶしたもの)200グラム、牛乳 200cc、砂糖 大さじ3、卵 2個
※全てを混ぜて、容器に入れる。アルミホイルで覆って、蒸気の上がった蒸し器に入れてごく弱火で20分蒸す。カラメルソース(砂糖大さじ1、水小さじ3を火にかけてこげる寸前で小さじ2のぬるま湯を足してゆるめる)をかけました。写真はカラメルソースをかける前、ひたすら竹串をさして火の通りを確認した後がはっきり写ってます(笑)。

<かぼちゃスープ>
これは全く適当に・・・牛乳を加えて、温めながら好みのゆるさになるまで伸ばして、固形スープのもとを入れる。沸騰しないように気をつけて、最後に塩で味を調整。冷やしていただきました。


 さてさて、つぶしたかぼちゃはまだまだあるので、この状態で冷凍。これを牛乳で伸ばして調味すれば、いつでもかぼちゃスープが食べられる!楽しみ。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »