« いい方向へ流れる | トップページ | 笑いヨガ、結構疲れる »

2012年8月20日 (月)

さよならドストエフスキー

 本棚から本があふれてくると、適当に処分してスペースを作る。
 「残す本」と「残さない本」に振り分ける基準は、「また読み返したいと思うかどうか」で決めている。
 
 しかし、読んでいない本は、この基準で決めづらい。
結局、「まだ読んでないから、そのうち読もう」と本棚に戻すことになるものの、「そのうち読もう」と本棚に戻した本はやはり読まないままなのだ。この調子で毎回ブックオフ行きの危機を免れるレギュラーメンバーは、「ドストエフスキー」。

 大学生の時、カラマーゾフの兄弟を20ページで挫折して以来、大きな壁として立ちはだかるドストエフスキー。カラマーゾフ以外なら読めるかも、と他の作品を買い足してもやはり同じ。

 正直、読みたくて買っているわけではない。「ドストエフスキーも読んじゃう自分」に酔っている、本を買う動機はそれだけ。

 読みたい本だけ買えばいい。20年目にして、やっと自分に素直になれたかも。

« いい方向へ流れる | トップページ | 笑いヨガ、結構疲れる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いい方向へ流れる | トップページ | 笑いヨガ、結構疲れる »