« 「思い出すことも縁」と感じた出来事 | トップページ | 3キロのかぼちゃを食べつくす(2) ~かぼちゃをつぶしてみた »

2012年8月31日 (金)

3キロのかぼちゃを食べつくす(1) ~かぼちゃを干してみた

 友人から立派なかぼちゃをいただいた。

 あ~、返す返すも写真に撮らなかったことが悔やまれる!!「すくなかぼちゃ」という種類で、ヘチマのお化けのように縦に長い。半分使った時点で重さを量ったら1.5キロだったので、丸ごとだったら3キロはあったということ。重いから、とわざわざアパートの3階まで運んでくれた友人の優しさが心にしみる。

 ところで2人家族の我が家、1日で食べられるはずもない。最初はごく普通に煮物にし、翌日からいろんな料理にチャレンジしてみたので、その記録。

 まずは、「水分が飛んで、うまみが凝縮される」と評判の干し野菜にチャレンジ。チャレンジ、と言っても、皮付きのまま5ミリ程度に切り、残暑厳しい8月の太陽の下に正午をはさんで5時間ほど置いただけですが。

20120831_01


 表面が白くなって、かなり水分が飛んでいる様子。思わず野菜チップスに見えて一枚かじってみた・・・が、半日干したくらいでは、カリカリの野菜チップスには遠かった。でも、生でもない。近づくと、かぼちゃの香りがふわっと漂ってくるのは、やはりうまみが凝縮されている、んだろうか。生のかぼちゃでは味わえない、この香りの広がりに、ちょっとうっとりする。

 あと1、2日干して完全に乾かしたら野菜チップスっぽくなるのかもしれないけれど、料理に使うなら半日干しくらいがそのまま使えて適当なのかもしれない。

 その日の夜、ガーリックとともに炒めてみる。素揚げしたようなカリカリ感は、明らかに干した効果と思われる。特に皮とその周辺でこのカリカリ感が顕著。甘みも、増しているかな。

20120831_02

<かぼちゃのガーリック炒め>
 にんにく 1片、干したかぼちゃ 適宜
 ※オリーブオイルでみじん切りにしたにんにくを炒め、香りが出たらかぼちゃを炒める。最後に少し塩を振る。

 翌日の朝、味噌汁に入れてみる。

 これは、明らかに甘みの強さを感じた。普通にかぼちゃを使った場合に比べて50%増(当社比)。前日のガーリック炒めの時はこれほど甘みが増強されているという実感がなかったのだけれど、味噌汁に入れたらすごいことになった。火の通りも早くて、特に時間のない朝には嬉しい具材。

« 「思い出すことも縁」と感じた出来事 | トップページ | 3キロのかぼちゃを食べつくす(2) ~かぼちゃをつぶしてみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「思い出すことも縁」と感じた出来事 | トップページ | 3キロのかぼちゃを食べつくす(2) ~かぼちゃをつぶしてみた »