« 手づくりコーヒーゼリーで優雅な午後 | トップページ | いい方向へ流れる »

2012年8月17日 (金)

栄養バランスに配慮したそうめんの食べ方

今年の夏はまだそうめんを食べていない。
「そうだ、明日の昼はそうめんにしよう」と決めたら、なんだかワクワクして、前の晩からそうめんのことばかり考えていた。

薬味を用意してめんつゆにつけて食べる王道も捨てがたいけれど、何か変わった食べ方はないかと探していたら、「揖保乃糸ホームページ」の中の、 そうめんのおいしい食べ方レシピ集 というすごいページを見つけてしまった。

このホームページ、兵庫県手延素麺協同組合作成のためか、そうめんにかける熱意が半端ではない気がする。


そうめんの上に具材をトッピングして食べる「冷やし中華系」とか、そうめんをパスタに見立てる「パスタ系」は、「あ~あるある、なるほど、こういう具もいいね」と思いながら見ていたのだが、


「鉄火そうめん」
・・・なるほど。そうめんをご飯に変えたら鉄火丼。そうめんはご飯に置き換え可能ですね。

「きんぴら&きゃべつそうめん」
きんぴらとゆでキャベツという、定食で言うなら「小鉢2品」レベルの具をそうめんに載せる。ここでもそうめんはご飯の代替という想定。めんつゆがかかっているからこれで一汁を満たしているとすれば、立派な「一汁二菜」の定食!!

そしてなんと、おやつまで!!
「わらびもち風そうめん」
そうめん=わらび餅。なるほど・・・。

「そうめんあんみつ」
そうめん=白玉。見た目には類似ですね。

「そうめんプディング」
パンプディング的??フルーツも入れるようです。どんな食感だろう。

夏のお昼にそうめん、というと「栄養不足」というイメージもあるけれど、このそうめんメニューを見ていたらまったくそんなことない。

そうめんを白いご飯と考えれば、取り合わせる具は和洋中を問わず無限大。
具と和える・一緒に炒める・ただのせるだけ・と色んな手段が取れる。
そしてなんと言ってもゆで時間が短い!
冷凍のご飯もない、パスタもないという、1人の昼時にありがちな状況ではめちゃめちゃ便利な食材だなぁと、そうめんを見直した。


で今回は、冷蔵庫の残り整理も兼ねて、冷凍してあった焼魚をほぐし、シメジとレタスと一緒に出汁と醤油で煮付けたものをそうめんにトッピングしていただきました。おいしかった!!

今夏の初そうめんにしてはあまりに邪道?次回は王道で食べます。

« 手づくりコーヒーゼリーで優雅な午後 | トップページ | いい方向へ流れる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手づくりコーヒーゼリーで優雅な午後 | トップページ | いい方向へ流れる »