« 明日から9月 | トップページ | 京都は朝から動くに限る(2) »

2011年9月 1日 (木)

とうもろこしをレンジで加熱

 とうもろこしの季節もそろそろ終わる時期ではありますが、最近、新しい加熱方法を知った。いつもレンジで加熱しているのだが、「皮をむいてラップをして、1本あたり3分加熱」という工程のうち、「ラップをする」部分を、「薄皮だけ残してそのままレンジに入れる」という工程に変更。ラップの節約になると思って始めたのだが、ラップ調理法に比べて、実がシワっとなることが少ないように思う。
 いつもは、加熱後しばらく放置して食べる直前にラップを取ってみると、プチプチ張り詰めていたとうもろこしの実が、なんとな~くシワっとしてしまうのがちょっと残念だった。ところが、薄皮調理法に変えてからは、シワっとしにくくなったような気がするのだ。まぁ、厳密に比較したわけでもなく、シワっとしない「感じがする」という程度の、あくまでも主観なのですけれどね・・・。

« 明日から9月 | トップページ | 京都は朝から動くに限る(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日から9月 | トップページ | 京都は朝から動くに限る(2) »