« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

連休最終日

110919

海を見に出かけたら、たまたまヨットの大会をしていた。キラキラ輝く水面に白い帆の群れ。見飽きない。

2011年9月18日 (日)

誕生日

中学以来の友人の誕生日だったので、お祝いメールを送った。「41年間無事であったことを喜びたい」という返信をくれた。
照れ隠しもあるのだろうが、「誕生日だなんて、めでたくもなんともない年だから〜」と言う同年代が多い中、彼女の返信にはハッとした。「めでたくない」なんて言ってる場合ではない。むしろこれからこそ、毎年誕生日を無事に迎えられる事を感謝し、盛大に祝うくらいの気持ちでいたい。

2011年9月16日 (金)

しんどい時ほどよく笑え

 あれもこれもやらなきゃ、と気持に余裕がなくなってくると、ついついキリキリしてしまう。いつもなら笑ってすませることにも突っかかって、許せる事が許せなくなり、そのせいでまた余計な仕事を増やしたりして。
 鈴虫寺でも、住職から「しんどい時ほどよく笑え」というお話を伺ったんだった。その時はほほぅ、と思って実行に移そうと意識しているんだけれど、実際は折角のお話もすぐに忘れてしまっている。まずは常に意識して忘れないように。難しい。でも少しずつ。

2011年9月14日 (水)

丁寧な接客・・・?

 最近できたケーキ屋(「パティスリー」とは言いたくない、天邪鬼な昭和生まれです)で、焼き菓子を買った。借りたものを返す時に添えるという用途なので、千円でおつりが来るくらいのちょっとした買い物なのだが、申し訳ないくらい大きくて綺麗な紙袋に入れてくれた。カウンター越しに受け取ろうと手を出すと、「出口までお持ちします」と目と鼻の先の出口まで先導してドアを開けてくれた。店外での商品受け渡しが終わると、深々とお辞儀をしてお見送り。いやー、恐縮です。
 服を買うとよくある対応だが、ケーキ屋でこの対応は初めてだったので驚いた。丁寧といえば丁寧だけれど、そこまでしていただくのも・・・額が額だし、ちょっと過剰な気がしてしまう。サービスで他店と差別化しているのかもしれないが、どうせなら、商品で勝負して欲しいと言いたいところである。
 が、一昔前に比べたら、ケーキ屋の水準はかなり上昇している。自分が子どもの頃にたまーに買ってもらったケーキのことを思うと、びっくりするくらいおいしく、見た目もカッコよくなっている。店のつくりにしても、新しい店はどこもオシャレだ。商品や店舗で差別化を図ると言っても、ちょっとやそっとのことでは難しいということなんだろうか。
 この店、休みの日はものすごく混雑するらしいが、人でごった返している時も果たして出口まで送っているのか、ピーク時の対応を一度見てみたい。

2011年9月11日 (日)

うろこ雲

110911

 「海面の写真だよ」と言われたら信じてしまいそうなうろこ雲。


 少し前、ピンク・レディーをカラオケで歌う機会があった。個人的に大変楽しかったので、ふと思いついて「ピンク・レディー」という言葉で検索してみたら、コンサートツアーをしていたことを知った。来週の東京でファイナルらしいので、東京まで見に行ってみようかとチラリと思ったが、過去のスケジュールを見てみると、自分の家から余裕でいける場所で見る機会もあったことがわかり、愕然。気づくのが遅かった・・・。

2011年9月 8日 (木)

京都は朝から動くに限る(3)

(1)、(2)の続き。

 JR京都駅に着いたのが13時前。駅に直結している伊勢丹の中にある甘味処の「都路里」へ直行。4組くらい待っていたが、待ち時間は5分ほどだった。店内のお客の8割5分(推定)がパフェ類をオーダーする中、私は玉露とわらび餅のセットを選択。
 玉露は、茶器と茶葉が出てきて自分でいれるという仕組みで、湯のみ、湯冷まし、湯こぼし、急須(取っ手のある普通の急須ではなくて、注ぎ口のある湯飲みに蓋がついたようなもの)、温度計、水時計が目の前に運ばれてきた。熱湯を湯冷ましに入れて、50℃になるまで待つ。お湯が適温になったら、急須に茶葉を入れてお湯を注ぎ、水時計で3分計測。ゆっくりと湯のみにお茶を注いで出来上がり。茶器セットを使うのは初めてだったので、色んなものがテーブルの上に並んだ時は一瞬うろたえたが、丁寧な説明書つきなので問題なかった。驚いたのが茶葉とお湯の割合。茶葉がお湯にひたひたに浸っているような状態だった。じっくりうまみを引き出すにはこれくらい茶葉を使うのだ。
 熱湯が50℃になるのを待つとか水時計で3分計るなど、じっくり時間をかけてお茶をいれるという行為は、熱湯でほうじ茶をささっといれている身には、大変新鮮な経験だった。甘味が十分引き出されつつも、甘味だけでなく飲み終わりに少し苦さも感じられるなんともいえない不思議な味わい。トロッとした口当たりの、おいしいおいしいお茶だった。
 1時間ほどゆっくりして席を立つと、店の外まで続く行列・・・。今回は、拝観も食事も少しずつ早めの時間に始めていたので、うんざりするほど並ぶことはなかった(平日だったということもあるけれど)。
 というわけで、「京都は朝から動くに限る」なぁと思った次第でした。(完)

2011年9月 7日 (水)

ドラッグストア化する家電量販店

 職場近くのコンビニで、新種のミネラルウォーター500mlのペットボトル発見。期間限定お買い得商品で90円だった。いつもの「いろはす」に替えてこちらを購入。すると、これまた近くの大型家電量販店で同じものを58円で売っていた。90円で安い~と思っていたのに、58円とは。価格ってほんとに様々です。
 それにしても、久々に家電量販店へ行ったが、電化製品以外の売場がどんどん拡充している気がする。トイレットペーパー、スナック菓子など、知らないうちにドラッグストア並みの品揃えだった。そして私も、在庫切れの日用品をあれこれついで買い。うっかり本来の目的のボタン電池を買い忘れるところだった。

2011年9月 6日 (火)

マンサクの実

Mansaku

 この植物の名前は、たしかマルバマンサク・・・だったはず。本日の生け花の稽古の花材。たまたま実がついていた。
 マンサクと言えば、2~3月に花が咲く。「早春に、他の花よりも早く咲くから「まず咲く」がなまって「マンサク」になったんだよ」と先生が教えてくれた。花が咲いてから、半年の時間をかけてじっくりと実を結んだものが目の前にあるのかと思うと、この小さな実の重みを感じる。 実りの秋にふさわしい!なんとなく、幸先のいい秋のスタート。


2011年9月 5日 (月)

秋来る

110905

 気づけば日の入りの時刻がぐっと早くなっている。18時過ぎには日が落ちるので、19時近くなると暗い。今日の夕方はさらりとした風が吹いて、一気に秋の気分。

2011年9月 4日 (日)

ラジオにおける緊急ニュース

 例えば地震が起こると、警告音とともに「地震速報」の字幕がテレビに突然表れる。基本的には番組はそのまま続いていて、番組と字幕を並行して見ている状態。しかし、ラジオだと字幕を流すというわけにはいかない。
 アナログ放送終了以来、ラジオ生活をしているので気づいたのだが、ラジオの場合は字幕の代わりに「番組の途中ですが、ここで地震速報です」とアナウンサーが番組に割り込んでくる。番組はほんの一瞬中断する。テレビに字幕が流れるよりも、より唐突で緊急な感じがします・・・。

2011年9月 3日 (土)

京都は朝から動くに限る(2)

(1)の続き。

 鈴虫寺を出て、松尾駅まで歩いて戻るにはあまりに暑いなぁとためらわれ、時刻を確認するために「苔寺・鈴虫寺」のバス停へ。運よく10分後に京都駅行きの京都バス83系統があったので、JR嵯峨嵐山駅までバスで移動。11:07嵯峨嵐山駅発のJRに乗って二条駅へ。
 二条駅から、駅南の「京野菜ダイニング TAWAWA」へ向かう。この店は、立命館大学朱雀キャンパスの7階という、意外な場所にある。 これまた「とても人気があって並ぶ店」という事前情報をネットで得ていたのだが、11:30に入店したら待たずに入れた。とは言っても、家族連れや女子グループなどで、席はすでに8割くらいうまっていた。
 ランチは1,200円で新鮮京野菜、おばんざい、天然酵母のパンが食べ放題のバイキング。メインとドリンクはあらかじめオーダーしておき、席まで持ってきてくれる。この日のメインは、ミートローフ・白身魚のフリット・野菜カレーからの選択だった。
 店は広くて明るくて感じがいい。野菜にかけるドレッシングも「とうもろこしのドレッシング」とか「なすのドレッシング」といった珍しいものが並んでいる。「とうもろこしのドレッシング」は、さらりとしたコーンスープのようで、とうもろこしの甘みがじわっとおいしい。おいしい野菜をたくさんいただき満足して12時半ごろ店をでる。廊下に入店待ちの行列。平日のせいか、年配のご夫婦や女性グループが多かった。
 再びJRに乗り、京都駅へ戻る。(続く)
 

2011年9月 1日 (木)

とうもろこしをレンジで加熱

 とうもろこしの季節もそろそろ終わる時期ではありますが、最近、新しい加熱方法を知った。いつもレンジで加熱しているのだが、「皮をむいてラップをして、1本あたり3分加熱」という工程のうち、「ラップをする」部分を、「薄皮だけ残してそのままレンジに入れる」という工程に変更。ラップの節約になると思って始めたのだが、ラップ調理法に比べて、実がシワっとなることが少ないように思う。
 いつもは、加熱後しばらく放置して食べる直前にラップを取ってみると、プチプチ張り詰めていたとうもろこしの実が、なんとな~くシワっとしてしまうのがちょっと残念だった。ところが、薄皮調理法に変えてからは、シワっとしにくくなったような気がするのだ。まぁ、厳密に比較したわけでもなく、シワっとしない「感じがする」という程度の、あくまでも主観なのですけれどね・・・。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »