« すべるゴム底靴 | トップページ | 明日正午アナログ放送の番組は終了します »

2011年7月21日 (木)

U25ジャズ

メンバー全員25歳未満。メンバー4人のうち2人のお母様が観客として来場という授業参観のようなジャズライブに、仕事帰りに立ち寄った。

ジャズというと、「素直に音を楽しむだけ」なんて単純な聞き方は許されない、何か特別なお作法があるのでは・・・という思い込みがどうしても払拭できない。実際はおそらくそんなものはないのだけれど。
思えば、これまでに出かけたジャズライブのほとんどは、出演者が私より年上の方々だった。なのでなおさら、「作法」を破っていたらどうしようという緊張感があった。しかし今回はメンバーが私の年齢の半分くらいの若さである。若いからないがしろに接していいとは思わないが、正直、とても気楽であったことは事実。そのせいか、とても楽しいライブだった。普段は、「若いっていいなぁ」と実は大して思っていないのだけれど、若いメンバーが本当に嬉しそうに演奏する様子を見て、今回ばかりは心から「若いっていいなぁ」と思った。若さを羨むでもなく妬むでもなく、ただ素直に。
隣に座っていたおじさんが、「彼らにビールを1杯ずつ」とカウンターに声をかけていたが、その気持、よーくわかる。後味のいい、すがすがしいライブだった。たまのこういう寄り道は、とっても貴重。

« すべるゴム底靴 | トップページ | 明日正午アナログ放送の番組は終了します »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すべるゴム底靴 | トップページ | 明日正午アナログ放送の番組は終了します »