« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

明日から7月

雨や暑さに翻弄されているうちに、終わってしまった1ヶ月。何となく気持に余裕がなく、あくせくしていた。

なんと、6月は1冊も本を読まなかったではないか(読みかけの本は多々あるのですが・・・)!!
映画は言うに及ばず。

時間に流されていてはダメですね~。
7月は気持に余裕を持って過ごしたい。

2011年6月29日 (水)

初花火

ビヤガーデンへ行っって楽しく飲んできた。会場は川沿いにある6階建て建物の屋上。川原から花火が上がった。かなり間近に見られて迫力がある。見とれた。綺麗だった。夏です!!!

2011年6月28日 (火)

ソックスと靴の合う通勤スタイル

朝。起きた瞬間から汗だくで、どうしてもどうしてもストッキングを履くのがイヤになった。ストッキングをはかなくてもいい服、となるとスカートは消去。もちろん素足にスカート、という人もたくさんいるが、私は素足に靴を履くと絶対靴擦れするし(それ以上に足の裏が汗だくになって気持悪い)、フットカバーも長時間はいているとゴムが痛くなり、耐えられない。ということで、残る選択肢は9部丈のパンツのみになった。しかしここでも、同じ問題が発生。素足でもフットカバーもダメ。理想は、くるぶしまでのソックスにスニーカーだが、職場にはいていくのに適切なスニーカーがない。悩んだ挙句、ふくらはぎまでのソックスにバックストラップのヒール靴という格好になってしまった。暑さで頭が回らなく、まぁこれでいいやと出発。帰宅して改めて姿見を見てみると、やっぱりなんだか変だったけど、ストッキングの不快さから解放されて一日爽やかだった。足の裏も、ソックスはストッキングのように蒸れないからとても快適だし、夏はこれからずっとこういう感じで過ごしたい。なんとかソックスと靴を合わせられるコーディネイトはないものかと真剣に考えている。

2011年6月27日 (月)

新ショウガ甘酢漬け

今年初めて作ってみたら意外においしかった、新ショウガの甘酢漬け(=寿司についてくるガリ)。300gのジャムの空き瓶2本分作ったのだが、とうとう底をついたので、早速第2回目にチャレンジ。この工程で好きなのは、しょうがを薄くスライスするとき。無心になれていいです。スライスしたしょうがをサッとゆでて、甘酢に漬け込むだけ。最初の方はしょうがの辛さが際立っていたけれど、漬け込んで時間が経つと気にならなくなってくる。新ショウガのピンクの部分が、ガリ独特のピンクの色になるらしいので、今回はピンクの部分が多そうな新ショウガを買ってきた。それでは今からスライスします。

2011年6月26日 (日)

化粧なしで入れる店

午後から晴れたので、約1ヶ月ぶりにクロスバイクでひとっ走り。ひとっ走りといっても、久々に乗った体に30km
はきつかった。帰りにスーパー銭湯で汗を流し、夕飯は○将で餃子をガッツリ食べようか・・・などと考えていたが、スーパー銭湯で汗とともに化粧をきれいさっぱり落した顔で、あんなに明るい店内には入れないと気づく。結局、薄暗い照明のタイ料理屋にした。ココナツミルクにレモングラスやショウガをたくさん入れた鶏のスープがおいしかった。このままご飯にかけたらタイカレーになるのかな。よく動き、よく食べて、よく寝る。幸せなことです。

2011年6月25日 (土)

口笛

朝7時前、ベランダで洗濯物を干していたら口笛が聞こえた。スピッツの「空も飛べるはず」のメロディが右から左へ通り過ぎていく。口笛の主は、自転車で野球の朝練に向かう高校生男子だった。この曲が発表されたのは、おそらく彼が生まれた頃のはず。久しく耳にしていなかったけれど、いい歌だなと再認識。なんだかさわやかな一日の始まりだった。

2011年6月24日 (金)

驟雨

「午後から雨でしょう」の予報にもかかわらず、夕方まで晴れ間がもった。その勢いで傘をもたずに飲み会へ。そろそろ帰ろうかというときに、バケツをひっくり返したような雨。とりあえずは最寄り駅まで屋根のあるところを経由してたどり着くと、最寄り駅では傘がいらないほどの小雨になっていた。これ幸いと家にたどり着いた今、再びすごい勢いで雨が路上に叩きつけられている。セーフ。

2011年6月23日 (木)

レンジで卵炒め

朝食に卵料理を食べたくても、フライパン出して油を引いて・・・の手間を考えるとついつい敬遠していた。そんな私が最近はまっているのがレンジで卵を炒める(というか火を通すというか)こと。卵をボウルに割りいれて、塩などで味をつけて混ぜる。レンジに入れて、最初20秒くらい加熱をしてから一度様子を見る。ボウルに接する一部分だけ固まっているので、かき混ぜてまた30秒ほど温める。真ん中は火が通ってないところが少しあるかな~くらいの状態でレンジから出して、かき混ぜてしばらく余熱で放置。全体に火が通り過ぎずにとろっと柔らかい仕上がるのが好み。今まで卵単独で試みたことはなくて、三つ葉や小松菜など青菜を刻んだものや、長いも、じゃこなどなどを適当に入れている。最もとろっとなったのは長いもだった。もみのりをかけてご飯にのせれば長いも卵とじ丼、といってもいいかも。

後片付けも、油物がないということで気が楽ではあるが、実はボウルに結構しっかり卵がくっついてしまうので、テフロン加工のフライパンの方が洗い物としては楽・・・かもしれない。

2011年6月22日 (水)

夏至

何かイベントがあるわけでは無いけれど、夏至が好き。時期的に梅雨のど真ん中なので、ここしばらく記憶がある限りでは夏至の日は雨だけれど、今日は晴れた。19時半過ぎ、まだ真っ暗ではない、夜直前の独特の濃紺のような空を見上げながらふらふら歩いて帰宅。日本の緯度では「こんな時間まで明るいなんて!」というほどの驚きは無いけれど、昼間が一番長いと思うと、なんかワクワクする。

2011年6月21日 (火)

携帯落下

携帯を手元から床へ落下させてしまった。先代の携帯を同じように落した時に、ショックで液晶が液もれして画面が真っ黒になってしまったという苦い思い出があるので、落下には細心の注意を払っていたのだが・・・。ヤバイと思って拾い上げてみると、なにかが粉々になった破片が散らばっている。あーあ、携帯の一部分が粉砕したと思ったが、携帯本体は無傷。ストラップについていた木製の小さなビーズが粉々になっていたのだった。当たり所が悪かったら、携帯買い替えの憂き目にあっていたかもしれない。ビーズに救ってもらえてラッキーだった。

2011年6月20日 (月)

梅雨本番

「向こう1週間、晴れ間は期待できないでしょう」との天気予報。カゴからあふれる洗濯物。湿気を帯びて膨らみ、収拾のつかない髪の毛。べたつく顔。あぁ、梅雨本番。

2011年6月19日 (日)

連続テレビ小説「おひさま」

今期の連ドラは録画して欠かさず見ている。先々週だったか、ヒロイン陽子の結婚相手が祝言翌日に出征してしまう週は、涙なしでは見られなかった。連ドラ好きな友人と「「おひさま」、はまるわ~」と話していたら、彼女は「陽子の兄の「春樹」と友人の「真知子」は、「君の名は」の春樹と真知子と同じ名前である」と鋭く指摘。あーそうかそうか、お互いの思いがなかなか相手に届かないところとか、「君の名は」に重ね合わせているのか!そんなことに気づくなんてすごい!と感心しましたが、おひさま通の方の中では既に常識なのでしょうか。

2011年6月18日 (土)

肉三種制覇

夜は鶏のコースを食べる、ということが決まっていたある日。出張先で昼食をとることになった。
入った店の日替わりメニュー(730円)が「A:からあげ&(←「OR」ではなくて「AND」というところに注目)牛ステーキ」「B:豚しょうが焼き&牛ステーキ」「C:からあげ&豚しょうが焼き」の3択。時間も限られていたため早く出てくる日替わりから選ばざるを得ず、迷わずBを選択。昼に豚・牛、夜に鶏、という肉三昧の一日だった。ウップ:

2011年6月17日 (金)

カラーの間隔

それなりに白髪があるので定期的にカラーをしている。大体2か月に1回のペースなのだが、前回は「小綺麗にしなければ」スイッチが入って、1か月たったところで染めてみた。昔よりカラーの薬がよくなったとはいえ、カラーをする間隔が短いと余計にダメージはある気がする。退色が早いような気もする。日の光の下だと特に顕著。そろそろ根元が気になりながらも、あと少し粘ろうか、悩む…。

2011年6月16日 (木)

ビニール袋の口を開けるには

先ほどスーパーに行ったら、「どこからどう見てもスケートの安藤美姫選手」といった、ぱっと目を引く若い女性が買い物をしていた。彼女は、ロール状になっている備え付けのビニール袋を一枚ちぎり、ぺロっと指をなめて袋の口を開けた。私はいつも指の湿り気だけで開けようと意地になって異様に時間がかかる。それはそれでかっこ悪いと思いながらもどうしても指をなめる事ができないのだが、あんな仕草ならかえってかわいい。かわいいと思えるのも、「安藤美姫似&若い」という条件が揃っているからだろうか・・・。

2011年6月15日 (水)

部分消灯

職場の蛍光灯が三分の一取り外された。晴天の日中はいいけど、そうでない日は暗い。特に廊下は真っ暗で、前から誰が来るのかもわからない。事務室も部分消灯をしていて、目に負担がかかっている気がする。明るすぎる必要はないけれど、過度に暗すぎるのはどうかと思う。本来、節電の目的は「ピーク時の電力需給のバランスをとること」だと思うのだけど、「節電」という言葉だけが独り歩きして、「節電してれば全てよし」みたいな雰囲気になっているのがイヤだ。どこの照明が本当に必要でどこが不要か、ひとつひとつ考えるよりも一律に消してしまうほうがラクだし、節電してる感が増すからなのかもしれないけど、なんか極端なんだよなぁ。

2011年6月14日 (火)

梅雨の晴れ間

0614

今日は夏のような日差しだったけれど、さわやかな風が気持ちよかった。


2011年6月13日 (月)

遅い夕食

仕事を終えたのが21時近く。冷蔵庫に作り置きのおかずでもあれば、温めたご飯とおかずでしのげるのだが、今日は何も無い。帰り道にどこかへ寄るといってもファミレスかファストフードに限られるし、どうしよう・・・と思いながら歩いているうちに家に着く。何のビジョンもなく野菜室にある野菜を片っ端から鍋に放り込み、残った豚肉もいれてとにかく火を通し、最後に味噌を入れるかホールトマトを入れるか迷ったあげく、そのまま皿にとって柚子胡椒で食べた。意外に正解だった。それはいいけど、帰宅後家で過ごす時間が短いと、心が貧しくなった気分・・・。

2011年6月12日 (日)

節電電車

今日の昼間に乗った電車は、車内の照明が消えていた。「節電中です」と車内放送あり。天気もよかったし、地下を走るわけじゃないから、確かに昼間はこれでいいのかも。電気をつけなくてもそれほど困らない場所って、意外にたくさんあったんだなぁと思う。

2011年6月11日 (土)

あげピザ

2日ほど賞味期限が過ぎた油揚げ2枚を消費するため、あげピザを作った。作ったといっても、あげにケチャップを塗って、その上にピーマンの薄切りとチーズをのせてトースターで焼いただけ。夫は「おいしい!初めて食べた!これを(近くのちょっとだけ有名な)お稲荷さんの参道で、名物として売ったらどうか。このサイズや手軽さが、食べ歩き食としてピッタリだ」とひとりで盛り上がっていた。初めて食べたと言っているけれど、過去にも食卓にのぼったことはあるのだよ・・・、とは言わないでおいた。

2011年6月10日 (金)

品質表示タグの位置

スーツのズボンの尻ポケットから、品質表示のタグがはみ出してる男性を見かける事がある。「出てますよ」とタグをポケットの中に入れてあげたいところだが、それもままならないので見てみぬふり。
ポケットに入れたハンカチなどを取り出すとき、ポケットの内袋も引っ張り出されることにより、内袋につけてある品質表示のタグが飛び出てくるようなのだが、このタグはポケットの内側につけないといけないものなんだろうか?ベルト部分の内側などにつけておけば、タグはみだし事故が防げると思うのだけれど。

2011年6月 9日 (木)

アボカドサラダ

スーパーのアボカド売場に書いてあったレシピを脳に刷り込んで帰ってきた。「アボカド(つぶす)・醤油・ツナ・マヨネーズを混ぜる。焼いて皮をむいたナスにかける」という簡単料理。が、作ろうと思ったら家にツナとマヨネーズがなかったので、アボカドと醤油と柚子胡椒(全然違うものになってる)に変更。なかなかおいしかったです。「アボカドにわさび醤油をかける」のは定番だけど、これをつぶしてペースト状にするとまた世界が広がることを発見。焼いた肉類にかけてもよさそうな気がする。

2011年6月 8日 (水)

熟成が進む部屋

帰宅してドアを開けると、むわっと香りがした。生ゴミは捨てたばかりだし、何がにおうんだろうと思ったら、昨日買ったアンデスメロン。まだ固いのを買ってきたので食べ頃は週末くらいかと思っていたのに、もう食べないとやばいくらいの香りを発している。慌てて半分食べて、半分は冷蔵庫へ入れた。一日閉め切った部屋に置いておくと思ったよりも速いスピードで熟成が進んでいる様子。今日は天気もよかったしなぁ・・・。同じく昨日買った緑のアボカドも、すっかり黒くなってこれまた食べごろだった。ちなみに、アンデスメロン売場のポップに「アンデスメロンは「安心ですメロン」の略です!」と書いてあった。アンデス山脈とは何の関係も無いようです。知りませんでした。

2011年6月 7日 (火)

太陽の力

最近、目覚ましが鳴る前に目が覚める。大体いつも5時半くらい。寝る時間が早くなったわけではないのだが、その時間だともう太陽が輝いているので、日差しの力で目が覚めるのかなあと思う。冬は目覚ましかけてもこの時間に起きるのは難しかった。サマータイムって賛否両論だが、人間の体のリズムにはあっているのかも。

2011年6月 6日 (月)

ツバメの巣

とあるビルの1階の駐車場部分を歩いていたら、頭上で鳥の鳴く声がした。あ、ツバメの巣があると思ったのと同時に、ものすごい勢いで巣からツバメが飛び出してきた。動きが鋭くて優雅で、見とれてしまった。そういえば小学校の時、通学途中にツバメに気を取られて車道にはみ出し、車と接触してケガをした子がいた。気持がわかる。

2011年6月 5日 (日)

梅雨時もわっと頭

私の髪はは多少くせ毛で量が多い。湿度が高いと、髪がもわもわしてくる。ちょうど前回のカットから一月半くらいたっていたので美容院へカットに行った。あまりにもわっとしているので、梅雨時だけでも軽くストレートパーマをかけることを勧められたが、「カラーで結構髪が傷んでるので、これ以上ダメージを与えたくない」と断った。以下、美容師との会話。


「今は、髪にダメージをほとんど与えないストレートパーマがあるんですよ。ストレートパーマかけたことあります?」
「随分前に」
「も、もしかして、髪の毛を板に張り付けて伸ばしました?」
「あまりに昔で覚えてないけど・・・どうかな、そうだったような気がする」
「へー!!!自分、板に張り付けるストレートパーマできないんっすよ。自分がこのギョーカイに入ったときはもう板を使わない方法になってたんで」

確かこの美容師は、私よりせいぜい4,5歳年下なだけなはずだが・・・そんな鬼の首を取ったみたいに言わなくても。余計なことをしゃべらない美容師がいる美容院へ変わろうか、と思った瞬間。気のせいか、なんか今日のカットもイマイチだったぞ。モウ。

2011年6月 4日 (土)

本日のミッション

天気のよい週末。今日こそは、クリーニング屋へ行くぞ。出してあるのを取りに行き、まだ出してないものを持って行く。冬物って、セーターなどは手洗いしているにもかかわらず、洗えないコートやスーツなどで結局それなりの点数になる。しかも、どれもかさばって重い。冬物をクリーニングに出す(&引き取る)時は、「もっと服を減らしたい」と切実に思う瞬間でもある(が、冬になるとまた買ってしまう)。

2011年6月 3日 (金)

洗濯にかかる時間

最近「すすぎ一回」という洗剤を使っている。容器に書いてある説明どおりなら、水量は削減できているはずだが、実感はない(水道使用量とかちゃんとチェックしてないし)。ただ、多少時間が短縮できることは実感としてあり、これはありがたい。今朝はギリギリの時間だったが、すすぎ一回の時間短縮に期待して洗濯にトライ。しかし予想以上に洗濯物の重さがあって、最高水位が選ばれてしまった。すすぎ一回とはいえ、水がたまるまでとか水が抜けるまでの時間が非常にかかり、焦りながら洗濯完了を待つ。やっと洗濯機が止まり、干せるだけ干そうとタオルを二、三枚干したところでタイムアップ。もう遅刻ギリギリだったので、洗濯物のほとんどをカゴに残して家を出た。今頃どうなっているだろう。今日は帰りが遅くなるんだけど〜。

2011年6月 2日 (木)

レインブーツ

昨日に続き今日も雨。朝、レインブーツ(=長靴)を履いて通勤する女性を2人見た。遠目に見ると「ゴム長」というよりは「冬用革のブーツ」といっても通るようなデザインだった。1人は黒とキャメルのコンビ。もう1人は、履き口にぐるっとベルトが巻いてあるデザイン。どっちもオシャレだなと思って見ていたけど、今「レインブーツ」で商品検索したら、出るわ出るわ・・・ブーティ風、レースアップ、なんでもある。えー、いまどきの長靴事情ってこんなにすごいのか。最近靴売り場にも行ってないから知らなかった。雨の日が確実に楽しくなりそうなアイテムではあります。

2011年6月 1日 (水)

口癖

「ぶっちゃけ」が口癖の○○さん、「ぶっちゃけ」に続く内容は、たいして「ぶっちゃけ」ているわけではない。
使用例:(予算が無いからどうしよう、とみんなでうなっているときに)「ぶっちゃけ、お金が無いんだよ」・・・うん、それはみんな知ってるよ。

「逆に」を連発する△△さん、「逆に」に続く内容は、全然逆ではない。
使用例:(焼肉屋の店員に向かって)「最初にハラミ持ってくるかなぁ。逆にタンを持ってきて欲しい」


・・・なんて与太話をして盛り上がっていた。
ぶっちゃけ、人の口癖が気になりだすと、逆に自分にも伝染してくるわ・・・。絶対この手の口癖は自分にもあるはずなんだけど、自分じゃ気づいてないんだな、これが。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »