« 読書熱 | トップページ | 久々の太陽 »

2011年5月12日 (木)

財布の中身

先日、飲み会の清算時に財布を見たら、入っていると思っていたはずの5千円札がない。千円札2枚と小銭のみだった。幸い、一人2500円という激安居酒屋だったので、小銭をかき集めてなんとかしのいだものの、翌日は朝一番でATMへ行かなくては、と思いながら帰る。しかし、翌朝にはすっかり忘れてしまい、ほとんどカラの財布を持ってランチへ。当然800円のランチ代が払えず、同行者に立て替えてもらった。これはいかん、とその足でATMへ行った。落さないかと心配で最小限しか現金を持たないのだが、空っぽに近い財布を持ち歩いても平気というのもそれはそれで心配である。同行者がいたからよかったものの、ひとりだったら、無銭飲食になってしまうではないか・・・

« 読書熱 | トップページ | 久々の太陽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書熱 | トップページ | 久々の太陽 »