« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

連絡の取りやすい電話番号

色んな場面で「一番連絡の取りやすいお電話番号を教えてください。携帯電話でも結構です」と言われるたび、「固定電話>携帯電話」という図式が頭に浮かぶ。家には当然固定電話があるもので、連絡先としては固定が主、携帯は従、という意識が自分にあるからか。でも相手とつながりやすいのは、圧倒的に携帯だよね〜と思いつつも、今日は着信に気付かない事が二回もあった。携帯をカバンに入れっぱなしにするとか、持って出るのを忘れたりとか、かなり頻繁にするのは、「携帯にかかってくる電話には絶対出なきゃいけない」と思ってないからだろうな、多分。

2011年4月29日 (金)

出番のなくなった服

そろそろセーターをしまおうと思い、手洗いするものとクリーニングに出すものを仕分け。今シーズン一回も袖を通さなかったセーター、この機会に処分しようかと思いつつも、ちょっともったいない感じなので一応手洗いに分類。そうこうしている間に、雲行きが怪しくなり、洗う作業は延期した。このセーターは、確か去年も、「一回も着なかったなぁ」と思いながらも洗っていたような記憶が・・・今年も同じことを繰り返すのか、自分よ。

2011年4月28日 (木)

乾燥イチジク

これまでイラン産の硬めで小ぶりな乾燥イチジクを常食していた。先日たまたまトルコ産の柔らかくて大ぶりなイチジクを買ってみた。おいしい。

2011年4月27日 (水)

「苑」は御苑の苑

電話で、あれこれ漢字を説明する必要があった。割とすらすらと進んでいたのだが「苑」の字でつまづいた。思いついたのは「装苑」の「苑」。だけど相手は男性。ファッション雑誌、しかもどちらかというとマイナーな雑誌のタイトルを言っても・・・。「えーと、くさかんむりに・・・」と口ごもっていると、「あ、新宿御苑の苑ですね」と相手から言ってくれた。なるほど、御苑の「苑」ね。これならわかるし、しかも美しい。今度から使わせてもらいます。

2011年4月26日 (火)

FISHERのボールペン

今最も気に入っている筆記用具が、フィッシャーのボールペン。昨年、仲間内でやったクリスマス会のプレゼント交換でもらって初めてこのブランドを知った。無重力の宇宙で使える「スペースペン」とか、21世紀中インク切れがないボールペンなど、やたら高性能なボールペンで有名なメーカーとのこと。私がもらったのは、(多分無重力だと使えない)普通のボールペンなのだが、書き味がすこぶるよい。ボールペンによっては、芯が紙につっかかるような手ごたえを感じるものもあるけれど、これは紙の上をつるつる滑っていく。メモを取るのも手帳に何かを書き付けるのも、まったくストレスが無い。全部で8色あって、ボディの色とインクの色が同じだそうだ。手元にあるのはブルーなんだけど、ボディは青というよりは藍色のような深い色。白黒印刷の書類にブルーのインクでメモすると、適度に目立って、これまた便利。

2011年4月25日 (月)

月曜日

月曜日から飲み会だと、つらい・・・

2011年4月24日 (日)

しゃれた子供用自転車

自転車屋に行ったら、高校の同級生にバッタリ会った。小学生のご子息に自転車を買いに来たとのこと。子ども用自転車を買っている家族がいるなぁと遠目に眺めていたのだが、声をかけられて初めてそれが同級生一家だとわかった次第。買っていたのは、真っ赤なマウンテンバイク風のカッコイイ子ども用自転車だった。子ども用の自転車って、自分の子どものころと比べると格段に色使いや形がオシャレ。子供用ルノーの自転車とか・・・。

2011年4月23日 (土)

眠い雨の日

一日中雨。特に疲れることもしていないのに、なぜかとろとろと眠い。美容院でカラーをしながら雑誌に目を通していたけど、半分は寝ていた。どうやら、シャンプーでも寝ていた模様。その後カットするとき、前髪が目にかかってうっとうしかったので目を閉じていたら、これまた眠りそうになった。太陽の光に当たってないからか、体が目覚めきっていないまま一日が終わる。

2011年4月22日 (金)

おやつにアーモンド

最近、「栄養素で食べる」的志向が自分の中にあって、「私は今、体にいいものを食べているわ」と思えるものに手が伸びる。たとえば夕食前の空腹時、以前はチョコとかクッキーをつまんでいたのだが、最近口にするのはアーモンド。塩の付いていない、ローストしただけのもの。多くの栄養素を含んでいること、食物繊維も豊富なことなどなど、「アーモンド」と検索するとその効能が色々出てくるので、それに踊らされているともいえる。(カリフォルニアアーモンド協会のHPは、これでもか!という勢いでアーモンドの素晴らしさを謳っています)。ま、栄養素も大切なのだけれど、結局はその人が「幸せ」と思えるものを食べることが大事なのかも。目下、私の場合は幸せと思うポイントが「体にいい」なのだけれど、そのうちそのポイントが「甘いもの」とか「辛いもの」に変わる可能性もある。いずれにしても、おいしく食べられて、ありがたいことです。

2011年4月21日 (木)

スカシユリ

Yuri_2

部屋の中で鮮やかな色を放ち、ここだけ目が覚めるような空気。家具や小物ではまず取り入れない色を一瞬だけ取り入れられる、それも花のいいところ。


2011年4月20日 (水)

アイブロウパウダーの寿命

アイブロウパウダーが残り少なくなってきた。毎日使って、丸5年使っている。化粧品の「1回当たりのコスト」を「価格÷使い切るまでの実使用日数」で算出するとしたら、持っている化粧品の中でもっとも低コストではないだろうか。自然な感じに眉がかけるし、この長持ちっぷりを考えても、もうペンシルには戻れない。

2011年4月19日 (火)

ヘッドマッサージ

夫に片手で頭をつかまれたところ、非常に気持がよかった。指先への力の入り方が、自分でやるのと全然違う。目を閉じて5分ほどやってもらい、目を開けてみたら、血の巡りがよくなったのか、視力がよくなったような気すらする。肩をもんでもらうと力が強すぎてイテテテテ、となるのだが、頭は別みたい。

2011年4月18日 (月)

ソラマメのオリーブオイル炒め

「さやごとグリルで焼く」というのが、ソラマメ調理法の定番だったのだが、今日はさやから出した豆をオリーブオイルで炒めてみた。やや多めのオリーブオイルを熱したところに、薄皮をつけたままのソラマメを投入。少し焦げ目が付いて薄皮がはじける程度まで炒める。塩をふって食べる。カリッとした薄皮とホクッとした豆、それぞれの食感がたまらない。食べだしたら止まらない。ゆでるつもりで取り置いた半分も、結局もう一度炒めて全部食べてしまった。「さやごとグリル焼き」も、さやの中で豆が蒸される感じでほくほくしておいしいのだけれど、この香ばしい薄皮は、炒めてこそのもの。今日は飲まなかったけれど、酒のつまみに最適と思われます。

2011年4月17日 (日)

和めるフラダンス

フラダンスを習っている友人の発表会を見に行った。よくよく考えると、私はフラダンスって映画の「フラガール」でしか見た事がない。今日初めてナマでフラダンスに接したが、踊ってる人が皆笑顔で、何だかとても幸せな気分になった。あのたゆたうような手の動きも、見ているだけで和む。その場の空気がゆるく柔らかく、ほわりんとしたものになっていく感じ・・・。「フラガール」で松雪さんが躍ってたみたいな、激しいダンスもあるんでしょうけどね。
それと、出演者の年齢層の幅広さにも驚いた。教室主宰の先生も、還暦は過ぎていると確か友人が言っていたが、「恋する乙女」をテーマにしたダンスを踊る様子は、まさにかわいい乙女。フラをやってる、という子は結構周りにいるけど、その理由が分かる気がする。これは女性ホルモンにも良さそうだわ。

2011年4月16日 (土)

弁当の手間

いわし(大)が安かったので、3匹買って早速圧力鍋で煮付ける。煮立たせた調味料の中にいわしをいれて圧力をかけるだけ、本当に簡単。来週のお弁当用主食としてストック予定。火を入れる前は、3匹で鍋底の面積8割くらいを埋めるくらい大きかったいわしも、出来上がるとかなり小さくなる。鍋の余白を見ると、もう2,3匹一緒に煮付ければよかったかなと思ってしまうのだが、そうすると毎日いわしになってしまうし、やっぱり3匹でよかったのだ。いや、身だけほぐして、野菜と一緒にそぼろ煮にすれば目先は変わるか・・・などなど考えながら週末にあれこれ惣菜を作りためておくのは、基本的に楽しい。自分がこういうことを「楽しい」と思う人間だとは予想していなかった。「弁当持参=面倒」人間だったはずなのに、その手間をかけてでも、簡素なおかずでも、弁当がいいなぁと最近は思う。また気持が変わるかもしれないけれど、今のところは。

2011年4月15日 (金)

メールが迷子に

思いついたことを忘れないように、自分で自分にメールを送る事がよくある。休みの日、仕事でやるべきことを思い出したら、忘れないうちに家のメールアドレスから職場のメールアドレスへ。職場では時間が足りないので家でゆっくり調べたい事があれば、関連するURLを職場のメールアドレスから家のメールアドレスへ・・・といった具合。しかし先日、家のメールアドレスに送ったはずのメールが届いていなかった。確かに送信済みになっているし、アドレスも正しい。どこで迷子になったんだろう???不思議。

2011年4月14日 (木)

桜がまだ咲いている

かなり葉が出てきたけれど、まだまだ桜が咲いている。今年は長く楽しめた。いつも通る道のイチョウの木も、新芽がぐんぐん出てきている。枝だけの寒々とした木だったのが、うっすらと黄緑色に覆われている感じ。新緑の季節ですね。

2011年4月13日 (水)

有料駐輪場

最寄駅の駐輪場が、新年度から有料になった。3月にその告知看板を見て軽くいやな予感がしていたのだが、予感的中。駅から徒歩2分のところにある我が家(って言ってもアパートですが)の駐輪場に、明らかに住民でない人の自転車が置かれるようになったのだ。「この駅の駐輪場は有料です。許可の無い自転車は撤去します」という市の黄色い張り紙をつけたままの自転車だから、間違いない。下手すると自分の自転車を置く場所がなくなりそうな勢い。今まで無料で受けられたサービスが急に有料化になるのは受け容れられない、という気持もわからないでもないが、困るんだよなぁ・・・。

2011年4月12日 (火)

立食パーティ

絶妙なタイミングで話しかけて楽しく盛り上がり、かといって同じ人のところにとどまることなく、スマートに次の人の所へむかい、また話に花を咲かせる、という「立食パーティの名人」みたいな人を横目で羨ましく眺めつつ、今日もビール瓶をもってウロウロしている間に宴が終わった。ま、いいや。

2011年4月11日 (月)

強風

朝は暖かかったのだが、仕事からの帰り道は冷たい風がかなり強く吹いていた。あぁ、これで桜も散るな・・・と思いながら風に向かって歩いて帰ってきた。昨日歩いた桜並木、今日だったらすごい桜吹雪だろうと想像。花びらの嵐に巻き込まれてみたい・・・。

2011年4月10日 (日)

桜を見ながら1万歩

満開の桜を眺めながら、1万3千歩、歩いた。「桜がなければこんなに歩けないなぁ」と夫。たしかに・・・。今日歩いた場所は結構家から近いし、歩道もあってウォーキング向きの道なのだけれど、桜の季節以外に訪れたことは無い。1万歩を苦も無く歩かせてしまうのはやはり桜の力。眺めても眺めても飽きないのは不思議だ。桜を愛でながら歩けることを、いつも以上にありがたく感じる今年の花見だった。

2011年4月 9日 (土)

5時半起床

なぜか早朝に目覚めた。静かな部屋でボーっとしていると、鳥の鳴き声が聞こえた。
マンガで、朝の光景を表現するコマに「チュンチュン」という効果音が書き入れられていることがあるけど、まさしくあれ。マンガと同じだーと、無性に感激してしまった。

2011年4月 8日 (金)

軽く「しまった」と思うとき

飲み会から帰って夫がすでに寝ていると、「し、しまった・・・」と思うのはなぜだろう。

2011年4月 7日 (木)

タイツからストッキングへ

「4月に入ったらどれだけ寒くてもタイツははかない」ことにしていた若かりし頃もあったけれど、4月上旬は朝晩まだまだ寒いことも多いので、引き続きタイツをはいている。が、今朝は暖かかったので、ストッキングでもいいかなと思ったのだが、持っているものが軒並み伝線。まともなのがひとつもなかった。そういえば、手持ちの靴下も揃ってつま先が薄くなっている。こういうのをはいている時に限って、たまたまランチに入ったのが靴を脱ぐ店だった、という悲劇が起こる。靴を脱ぐときに、靴下の薄くなった部分が親指に当たらないようにちょっと回転させたるなどの細工をするのだが、ま、見ればわかるよね、穴のあきそうな靴下だ、ということは・・・。ストッキング・靴下類を、まとめて買い換えねば。

2011年4月 6日 (水)

手作りマヨネーズ

ポテトサラダの準備をして、あとはマヨネーズを混ぜるだけ、の段階でマヨネーズが無いことに気づいた。買ってきたばかりの卵はある。酢も油ももちろんある。この機会に、前から興味があった手作りマヨネーズにチャレンジしてみることにした。ハンドミキサー付属のレシピどおり、「全卵1個、油200cc、酢小さじ2、塩小さじ1/4を、この順番に入れて混ぜる」こと2、3分。見た目はマヨネーズらしきものができた。意外に簡単にできるものだ(泡だて器で混ぜていたら大仕事だろう)。オリーブオイルの風味が前面に出ているためか、市販のマヨネーズとは全然違う味。Qピーのマヨネーズを期待するとガッカリするかもしれないけれど、私は新種のソースとしておいしく味わった。

ネットで調べてみたら、「卵黄だけ使う」とか、「マスタードを入れる」とか、「油は少しずつ入れる」とか、色んなレシピがある。作業は混ぜるだけでほんとに簡単なので、色々試してみたら楽しそう。それにしても、油を200ccも使うことに驚いた。今日作ったマヨネーズは結局半分くらい残ってしまったし、せめて半量、油100ccくらいでできないものかと思う。半分に減らしたとしても、改めて考えるとすごい量だけど。

2011年4月 5日 (火)

新卒の彼女

新年度から、新卒の女の子が職場にやってきた。ピッカピカの新卒ちゃんと一緒の職場になるのは随分久しぶり。

彼女は、誰に言われたわけでもなく、少し早く出勤してみんなの机の上を拭いている。今朝、「どうもありがとう」と声をかけたら「いえ、皆さんに色々教えていただいているのですから、これくらいは」という答え。18年前新卒だった私に、この謙虚さがあっただろうか・・・当時の自分を思い出すと、恥ずかしい限り。この1年、こちらの方が彼女からいろいろ学ばせてもらうことになりそうだ。楽しみです。

2011年4月 4日 (月)

八朔と甘夏

はっさく・あまなつ・いよかん。この時期ならではのかんきつ類が、どれも同じ値段だったので、ひとつずつ買ってカゴに入れた。いよかんは明らかに他の二つと見た目が違う。はっさくとあまなつは、いよかんを相手にしたときほどの差がない。レジのお姉さんも「いよかん一つと・・・はっさく二つですね」とレジを打っていた。私も見分けがつかず、適当にひとつ選んで今食べてみたが、さくさくした食感と、酸っぱすぎない適度な酸味だったので、きっとはっさくだったのかな。この爽やかさが、とてもいい。

2011年4月 3日 (日)

ひそかに花見

近所の神社で、「春の例祭」の準備をしていた。のぼりを立てたり、提灯を飾ったり、町内の人が総出で掃除をしていたり。境内の桜も咲き始めているし、春がきたんだな、と感じる風景だった。

これまた近所の話だが、とある豪邸の庭に立派な桜の木が1本ある。散歩のついでに、長く続く塀の上にちょうどかぶさるように咲き誇る桜を見るのが春の楽しみ。桜を見にあちこち出かけたりもするけれど、実はこのお宅の桜をひそかに見るのが一番楽しみだったりする。人の家の前でじっと立ち止まるのも怪しいかなと思いつつ、満開の時期には足を止めずにはいられない。枝ぶりから推測するに、木の下で7,8人は余裕でくつろげるだろう大木なのだ。塀の内側では、桜の木を一本丸ごと独占してプライベートな宴会ができそう、すごい贅沢!

2011年4月 1日 (金)

猛烈な眠気

このまま布団に入って寝てしまいたい・・・しかし化粧を落していない・・・どうしよう・・・と思いながら、居眠りを断続的に繰り返すこと2時間。その間に化粧落して風呂に入れるって!と自分に突っ込みつつ、寝ます。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »