« 柿 | トップページ | 無意味に急ぐ私 »

2010年12月 6日 (月)

ほぼ日手帳

今年から、「ほぼ日手帳」を使っている。

文庫本サイズで一日一ページなので、スケジュール満載の人はスケジュールをぎっしり書き込める。
そうでない私はもっぱら日記代わりだが、その日にあったことや考えたこと、食べたもの、読んだ本、心に残った言葉などなど、とにかく書き留めたいことをつらつらと書き付けている。
割とスペースはあるのだが、それでも足りない日があったり、逆に見事に白紙の日もちらほら。
でも、「あぁ、このころは手帳を開く時間もなかったなぁ(今年は一瞬そういう時期があったのです)」と、白紙は白紙で思い出になっている。美術館のチケットや、気に入った店のカードを貼り付けたりしているページもある。

あと4週間で今年も終わりなんてとてもとても信じられない今日この頃だが、この手帳を頭からめくってみると、確かに私、1年間生きてたわ・・・と納得。
2011年版も早々と先月購入済みです。

« 柿 | トップページ | 無意味に急ぐ私 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿 | トップページ | 無意味に急ぐ私 »