« 「慣れ」 | トップページ | 23時、空腹 »

2009年11月19日 (木)

仙台のお土産にいただいた「仙台麩」。
袋から出すと、パリパリの皮が気持ちいい。香ばしい色にカラッと揚げてあって見るからにおいしそう。10分ほどぬるま湯に漬けてから、出汁・酒・砂糖・醤油で煮付けてみた。

一口食べた夫は、「どん兵衛の上に乗ってるアゲみたい」。
一瞬「え?」と思ったが、その食べっぷりから推察すると、どうやらほめ言葉だったらしい。

インスタント食品に例えられるのも複雑な気持ちがしたが、どん兵衛といえばもはやカップヌードルと並ぶ国民食(と私は思っている)。飽きずに長く食べ続けられている、ということは、大多数の人がおいしいと思うツボの平均値にバッチリはまっているのだろう。う、・・・どん兵衛食べたくなってきた。

« 「慣れ」 | トップページ | 23時、空腹 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「慣れ」 | トップページ | 23時、空腹 »