« バリウム前の注射 | トップページ | 「素敵な逝き方だった」 »

2009年10月26日 (月)

弁当にアルミカップ

ごくまれに、お弁当を持っていく。今まで私は、全てのおかず(といっても大して種類は無い)を一種類ずつアルミカップに入れて弁当箱に詰めていた。味が混ざらないし、洗うのがラクだし。

しかし、お弁当のブログを見ていたら、仕切りも何も無くガンガン詰め込んでいる写真を多数発見。

それで今日は、アルミカップを使わずにおかずを詰めてみた。そしたら、入る入る、今まで「そんなに小さな弁当箱ではないのに、意外とおかずが入らない」と感じた理由は、アルミカップが嵩張っていたからなのですね・・・。大発見です。大体1.5倍くらいの量が入るかも。

今度から、おかずが少ないときはアルミカップを使って、おかずがたくさんあるときは使わずに詰めよう。

« バリウム前の注射 | トップページ | 「素敵な逝き方だった」 »

コメント

私はおかず入れ全体にアルミカップとかホイルを使って下敷きをします。やっぱり、洗うのが楽だもんね。仕切りまではしないなぁ。おかずの味がちょっとまじったあたりが、またよかったりして。はは。

たしかに、洗う手間はかなり違うね。ちなみに同僚たちのお弁当をチラ見したら、アルミカップ派と、ノーアルミカップ派が半々くらいでした(サンプル数6)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バリウム前の注射 | トップページ | 「素敵な逝き方だった」 »