« 黒大豆納豆 | トップページ | 弁当にアルミカップ »

2009年10月23日 (金)

バリウム前の注射

人間ドックでバリウムを飲んできた。
10時間以上絶食した後、初めて口にするのがこれか・・・と思うと相変わらずげっそりする。

初めての人間ドックからずっと同じ病院で4、5回受けていたのだが、今回はたまたま違う病院でドックを受けた。もちろん検査内容は同じなんだけど、人のさばき方とかスタッフの配置とかに違いがある。今日行ったところのほうが、流れ方がスムーズで、待ち時間が短めな気がした。

それはそれとして、決定的な違いを発見。それがバリウム前の注射だ。

これまで行っていた病院は、「胃の動きを止めるお注射をしますね」と肩に注射を打たれてからバリウム、という流れだった。バリウムの前はそうするものなんだ、と思っていた。

しかし、今日行った病院は注射なし。あ、注射しなくても検査できるのか、と嬉しい発見。やらなくて済む注射なら、やらずに越したことは無い。

ちなみに今まで行っていた病院は「バリウムを飲む苦痛を和らげるため、いちごやぶどうなどの味をつける事が出来ます」というサービス(?)があった。苦痛を和らげようというお心遣いは嬉しいが、苦痛の原因は味じゃなくて喉越しにあるので、あまり意味がないといつもお断りしていた。わざわざ人工的な香料を摂取する必要もないし。このサービス、もちろん今日行った病院には無かった。


さて、私は普段から便秘がちで、バリウムを排出するのに一苦労する。これもバリウムが嫌な理由のひとつなのだが、今回はかなりいい感じで排出作業が進んでいる。バリウム排出時間最短記録か!という勢いである。

注射をしてないことと関係があるんだろうか?わかんないけど、めでたしめでたし。

« 黒大豆納豆 | トップページ | 弁当にアルミカップ »

コメント

私も来月、生まれて初めてのドックに行ってきます。どきどき。どきどき。

ドックデビューですね!がんばって(っていうのも変だね)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒大豆納豆 | トップページ | 弁当にアルミカップ »