« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

包丁の手入れ

昨日、割込包丁のことをブログに書いたところ、「包丁は、火に炙ったり熱湯をかけたりしないほうがよい」というコメントをいただいた。包丁の説明書に書いてあった、「カンタンお手入れ法・・・熱湯をかけましょう」という説明に素直に従っていた私は、「話が違うじゃないか!」と製造元へ電話しようかと思ったが、改めてその説明書を見直してみたところ、

「・・・・電気ポットなどの熱湯を刃に2~3秒かけ、すぐに乾いたふきんで拭きます。これにより刃が温められ、目に見えない水分まで蒸発し錆びることはなくなります」
という記述だった。

続きを読む "包丁の手入れ" »

2009年10月29日 (木)

割込包丁

「包丁の刃が欠けた~ 新しいのを買ってきて」と夫から外出していた私にメール。
一体何を切ったのかと不思議に思いながら、取り急ぎホームセンターの包丁売り場へ行って、これまた取り急ぎ包丁を選んだ。

取り急ぎだらけだが、私はひそかに心に決めていた事があった。「次に包丁を買うチャンスがあったら、絶対割込にしよう」と。チャンス到来、である。

続きを読む "割込包丁" »

2009年10月27日 (火)

「素敵な逝き方だった」

知人のお母さんが亡くなった。
手術をした、と聞いたのが1年前くらい。その後会う機会も無く、術後の容態も聞かぬままに、訃報に接した。

お通夜で久々に知人に会った。
最後の3週間くらいはずっと家で看病して、最期も自宅で迎えたことを短く語った。
そして、「素敵な逝き方だった」と言った。

「素敵な逝き方」という言葉と、それを発した知人の表情が、不謹慎かもしれないが、晴れやかにすら見えたことが、とてもとても印象的だった。

続きを読む "「素敵な逝き方だった」" »

2009年10月26日 (月)

弁当にアルミカップ

ごくまれに、お弁当を持っていく。今まで私は、全てのおかず(といっても大して種類は無い)を一種類ずつアルミカップに入れて弁当箱に詰めていた。味が混ざらないし、洗うのがラクだし。

しかし、お弁当のブログを見ていたら、仕切りも何も無くガンガン詰め込んでいる写真を多数発見。

それで今日は、アルミカップを使わずにおかずを詰めてみた。そしたら、入る入る、今まで「そんなに小さな弁当箱ではないのに、意外とおかずが入らない」と感じた理由は、アルミカップが嵩張っていたからなのですね・・・。大発見です。大体1.5倍くらいの量が入るかも。

今度から、おかずが少ないときはアルミカップを使って、おかずがたくさんあるときは使わずに詰めよう。

2009年10月23日 (金)

バリウム前の注射

人間ドックでバリウムを飲んできた。
10時間以上絶食した後、初めて口にするのがこれか・・・と思うと相変わらずげっそりする。

初めての人間ドックからずっと同じ病院で4、5回受けていたのだが、今回はたまたま違う病院でドックを受けた。もちろん検査内容は同じなんだけど、人のさばき方とかスタッフの配置とかに違いがある。今日行ったところのほうが、流れ方がスムーズで、待ち時間が短めな気がした。

それはそれとして、決定的な違いを発見。それがバリウム前の注射だ。

続きを読む "バリウム前の注射" »

2009年10月22日 (木)

黒大豆納豆

いつものスーパーでいつもの納豆を買おうとしたら、棚がスカスカ。
いつもの納豆も無いし、いつもの納豆の両隣にあるものも軒並み無い。

で、ごくわずかに散らばる商品からゲットしたのが黒大豆納豆。
いつも決まった銘柄しか買わないので、こんな黒い納豆があるとは全く気づかなかった。こんなことでもなければ手にすることも無かっただろうと思うと、不思議なご縁を感じます。

さて、味のほうはとりたてて変わったところはないものの、通常茶色いものが真っ黒になって食卓に出てくると結構インパクトがある。「ゴマ」と「しらす」という白っぽいものを混ぜたので、余計に黒さが引きたったのかも。あ、食器も白色だった。さらに、白いご飯の上に乗せるとこれまた際立つ黒さ・・・。

食卓に変化がついて面白いです。

2009年10月21日 (水)

携帯の画面が逆さまに

こういうことはよくあるのでしょうか??
十分電池はあるはずなのに、気づいたらなぜか電源OFFの状態になっていた携帯。
電源を入れてみたら、突然画面が上下反対になってしまった。
メール打つとき困るな・・・・。

Sakasa

2009年10月20日 (火)

カバーマークのファンデーション

基本的に面倒な事が嫌いなので、自分にとっての定番モノを変えることはあまりない。
その一例が化粧品で、いったん気に入ればひたすらリピートし続けるのが基本。

が、3、4年に1回くらいだろうか、無性に変えたくなる時期が来る。

動機は「ちょっとグレードアップした化粧品使ってみたい」とか、
「デパートの化粧品カウンターで人にメイクしてもらいたい」とか、
「給料下がったから経常支出を抑えなければ」とか、まあ色々と。

今回は、かれこれ5年くらいリピートし続けているファンデーションがターゲットとなった。
最近、ファンデーションの色が自分の顔色にあってないのでは、と疑惑を抱き始めた。それに、夕方になると顔がどろどろとした土色になってくる。要するに顔から油分が出てきて崩れ落ちたファンデーションと混ざり合ってくる、ってことですが。

続きを読む "カバーマークのファンデーション" »

2009年10月16日 (金)

スクリーンセーバー

私は、職場のPCのスクリーンセーバーに
「怒らない愚痴らない妬まない」
というテキストが流れるようにしている。

それを見た上司が
「ほぉ、いいこと書いてますね。私はすぐに怒る(注:これは事実)から最初の一つ目でもうダメだ、気をつけないとなぁ。あはは」
と笑っていた。

珍しくご機嫌よさげな上司の問いかけにつられて、
「いや、でもスクリーンセーバーが立ち上がるのって、基本的に自分が席にいない時ですよね?ですから自分はこのメッセージをめったに目にしないので、意外と無意味なんですよ、あはは」と答えてみた。

上司「なるほど、じゃあ他人に見せるためにやってるわけですね。・・・私に見せようと思ってやってるんですか(怒)」

・・・それは、違います。
でも、結構いい手だなと思ったりして。

2009年10月 4日 (日)

フリマの醍醐味

家にある不用品を、必要な人に譲るフリーマーケット。
ネットのオークション経験はあるものの、
実際に人と接するフリーマーケットは、
販売側であれ購入側であれ参加した事が無かった。

本日、友人から誘いがあったおかげで、販売側として参加する機会を得た。
以下、フリマで感じたことの独り言。

続きを読む "フリマの醍醐味" »

2009年10月 3日 (土)

起きたことを受け入れる

予期せぬことがバタバタと続いた1週間がやっと終わって、一息ついている週末。

「三毒追放的視点」で振り返ると、反省するべき点が山盛り・・・。

続きを読む "起きたことを受け入れる" »

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »