« 妻ほめ男 | トップページ | なんとかなる »

2009年8月19日 (水)

みかん

お盆のお供えのおすそわけにみかんをもらった。
「真夏にみかんを持ってくる季節感の無い人は誰!?」
と思ったらわが妹であった。

その後スーパーに行ったら、みかんがごろごろ売っていたので、
この時期にみかんって、それほどとんでもないことではないのかも(早生なのでしょうか)。
妹よ、季節感がないと批判してすまなかった。


ともかく、日中は閉め切っているため室内温度が40度(推定)に達するかもという部屋においておくのは気が引けたので、冷蔵庫に保管しておいた。
そして先ほど食べてみました。

色は綺麗なみかん色だが、
「夏のみかんなんて酸っぱいに決まってる」
と妙な先入観をもって一口食べたら、とても甘い。
下手したら冬のみかんより甘い。実も大きい。果汁もたっぷり。
一言でいうと、つまり大変美味しいのです。

「みかん=冬」という思い込みに閉ざされていては、新しい世界が広がらないのだなぁと学んだひと時でした。

こんなふうにして冷たいみかんを食べていたら、
夏場の給食に出てくる冷凍みかんも、
甘くて冷たくて美味しかったなあ・・・と唐突に冷凍みかんのことを思い出してしまった。

« 妻ほめ男 | トップページ | なんとかなる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妻ほめ男 | トップページ | なんとかなる »