« 一期一会 | トップページ | 痛点では感じない痛み »

2009年3月23日 (月)

1円パソコン

「ビッ○カメラ」的な店頭で今一番人目をひいているのが1円パソコンではないでしょうか。普通に買うと5万円前後のものが、「ナントカプランに2年間入るとPCは1円」という触れ込みでたくさん並んでます。

料金体系が複雑すぎてついていけませんが、結局のところ「2年間かけて「ナントカプラン」に払う」か、「今ここで端末に払う」かの違いで、トータルで支払う額はそれほど変わらない、と理解しているのですが。それでも「1円」というPOPにはちょっと立ち止まってしまいます。

そして、「もしモバイル端末を持っていたら、電車での移動時に時間を有効に使える」とささやく自分と、「最近電車で座れたら3秒で睡眠に入るくせに、果たして端末に向かう時間があるのか」とごもっともな意見を述べる自分がいます。

「道具があるところに行動が生まれる」というのは間違ってはいないと思います。だから、端末を持っていたら、もしかして電車の中でも寝ないかもしれない・・・。
しかし、結局行動が伴わなかった道具たちが積みあがって遺跡になっている、というのもまた事実。この前、20年前に買った白いギターが黄色に変色して発掘されたので大変驚きました。

買ったものをとことん使い倒すのはなかなか難しいことです。
というか、買う段階で十分吟味して、とことん使い倒すだけのものしか買わないことは至難の技です。買うときは「これは使う!」と思って買うわけで、「これは遺跡になる!」と思って買うわけではないですからね・・・。使うものしか買っていないつもりが、使わないものがどんどん増えていくのはなぜなんでしょう。

今まで即決即買が得意技だったのですが、最近はじっくり考えるようにして、なるべく遺跡を拡大させないよう心がけています。
「使うものしか持たない」暮らしが究極の理想。

« 一期一会 | トップページ | 痛点では感じない痛み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一期一会 | トップページ | 痛点では感じない痛み »