« 南天 | トップページ | 「断る力」著者:勝間和代 »

2009年3月16日 (月)

北風と太陽

「今日の昼間はコート無しで歩けそうです」という朝のニュースに送られて家を出た。

一歩外へ出ると。さ、さむい。
天気予報では「コート要らず」と言っていたけどコートを着て出てきてよかった。
風も結構冷たいし、結構冷え込んでるじゃないの・・・とつぶやきながら、いつものように歩いて出勤。

10分ほど歩いているうちに、太陽の光がぐんぐん強くなってくるのを感じた。
信号待ちの交差点では陰になるものが何もなく、ほんとうにさんさんと太陽の光が自分に降り注いでくるのがわかる(UV対策のことはとりあえず考えないことにして)。
気持ちいい。歩いて体もあたたまり、コートを脱ぎ捨てたい!という気持ちになった。
さっきまであんなにコートにしがみついていたのに。

「北風と太陽」という童話に出てくる旅人になった気分の朝でした。
明日も天気がいいらしいので、楽しみ。

« 南天 | トップページ | 「断る力」著者:勝間和代 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南天 | トップページ | 「断る力」著者:勝間和代 »