« 雷神 | トップページ | つづける »

2009年3月12日 (木)

主張する人しない人

帰り道、特に用事もないのにコンビニに立ち寄ったら、レジ横のショーケース内にあるあんまんに目が吸い寄せられた。
迷わずレジで注文し、支払いを済ませた。

包んでもらっている間に、もうひとつ別のショーケースにたいやきがあるのを発見した。
「あ、たいやきがあったのか・・・」

カリカリとこうばしいたいやきの皮を噛みしめる感覚が歯によみがえってくる(実際コンビニのたいやきに、そのカリカリ感があるかどうかは別として)。ううう。たいやきもいいなぁ。カリカリ。

店員さんは、ショーケースからあんまんを出そうとしているところだった。

人間って、このタイミングで
「スミマセン、やっぱりたいやきに変えます!」
って言えるタイプと言えないタイプの二通りに分かれるよね、と思いながら、後者である私は黙って待っていた。

「どうぞ」と渡された、ふわふわホカホカのあんまんをいただいて帰宅。

おいしかったです。

« 雷神 | トップページ | つづける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷神 | トップページ | つづける »