« 路上観察学会 | トップページ | 雷神 »

2009年3月10日 (火)

リサイクルショップ

最近リサイクルショップに不用品を売りにいくことに凝っている(といってもまだ2回しか経験のないビギナー)。

行くのは、近所にある「何でも買います」という触れ込みの店。
店内にはスカート、財布、ワイングラス、冷蔵庫からソファ、絵画まで、ほんとに「何でも」売っている。

行く前に、「これは○円くらいかしら」と想像するのが楽しいんだけど・・・実際の買取金額は予想の10分の1くらい(笑)。
この前は、新品のプラスチック製写真たてと1、2回しか履いていない靴を持っていった。
予想金額は、写真たて100円、靴500円。
買取金額は、写真たて100円(予想通り!)、靴100円。

プラスチックの写真たてと靴が同じ値段というのは、普段の買い物ではちょっとありえない感覚。
こういう感じで、一瞬金銭感覚が狂うような不思議な衝撃を味わえるのが面白ぞリサイクルショップ(以上、靴が100円にしかならなかったことを前向きに捉えてみました)。

« 路上観察学会 | トップページ | 雷神 »

コメント

いろんなところを覗いてみるのもいいよ。
最近おじゃましていないので
そろそろ整理がてら行ってみるかな。
あ、赤のコートはもう出しちゃった???

店によって得意分野があることを最近知りました。例の赤コートは雑貨に力を入れている、と噂の店へ持っていって200円でした・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 路上観察学会 | トップページ | 雷神 »