« 2歳児の笑顔 | トップページ | タブレター »

2009年2月 2日 (月)

「ストレスに負けない生活」熊野宏昭著

「ストレスに負けない生活 -心・体・脳のセルフケア-」著者:熊野宏昭 

脳の働きとストレス・リラックスの関係、生活習慣が心身に与える影響など、読み応えがある。
最初はパパっと読み流したのだが、これは三毒追放用参考図書になる!と実感する部分が多いので、再度じっくりじっくり読んでいるところ。「脳や身体がこういう仕組みになっているから、三毒追放したほうがいいのだ」と納得できる本。

さて、第5章に「ワナワナリーディング」を紹介した数行があるのだが、その数行を読んだ瞬間、これって、私がかつて受講した(そして今はまったく実践していない)フォトリーディングに、似てない??と心の中で叫んだ。
「ワナワナリーディング」は初めて聞いた言葉なのだけど、あぁ、フォトリーディングをもう一度素直な気持ちで取り組んでみよう、と思わせる説得力のある数行だった。

その数行部分を引用すると、
・・・・(略)「ワナワナ」とは、「わかった、なるほど」「わかった、なるほど」と頭の中で唱えながら、音に置き換えずに目で文字を追っていく読書法です。驚くことに、それでも意味はわかるのです。しかも言葉が思考の拮抗反応になるために余計な考えが入る余地がなく、非常に高速で読み進めることが可能になります(以後略)

ちなみに私が受講したフォトリーディングのクラスでは、「わかった、なるほど」と唱えてはいませんでしたが。

« 2歳児の笑顔 | トップページ | タブレター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2歳児の笑顔 | トップページ | タブレター »