« ロウバイ | トップページ | 苦手な人の意外な一面 »

2009年1月18日 (日)

心ひかれる曲げわっぱ

お弁当箱を探しています。

職場周辺飲食店の相次ぐ閉店、社員食堂の行列&供される食事の質低下などを考えると、これは自分でお弁当を持っていくのがベストかもしれない、と思い始めて半年。年始の目標にも掲げているのですが、お弁当箱がない。

いや、これまでも、お弁当を持っていったことがないわけではないのです。
タッパーに一食分ずつ入れて冷凍してある御飯をレンジで温めて、これまた適当なタッパーにつめこんだおかずとともに持っていったことが数回。かなり・・・味気ない。

実はひそかに曲げわっぱのお弁当箱に憧れているので、今日デパートへ実物を見に行ってみました。
杉の香りがさわやか。これに温かい御飯をつめたらおいしそうだわ、と夢はふくらむ。

しかし、薄い。粗雑な扱いをして割れたりしないだろうか、そもそも炒め物とか直接入れていいのか?洗い方はどうしたらいい?取り扱いにあれこれ気を使うとなると、毎日使うにはちょっとハードルが高い・・・と逡巡して帰ってきました。
お値段も結構します、今日並んでいた商品の中で最安値は6千円ちょっとでしたし。
その4分の1くらいの値段で「電子レンジOK!」「食器洗い機OK(我が家にはありませんが)」というお手軽な普通のお弁当箱もたくさん並んでいたわけで、実用性を考えるとこっちかなぁ。こっちなんだろうなぁ。
ものを買うとき、「実用的だから」という理由は私にとって何にも勝る選択基準なのに、今回はなかなかスッパリ決められまへん。

しばらくは曲げわっぱについて思い悩みそうです。

« ロウバイ | トップページ | 苦手な人の意外な一面 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロウバイ | トップページ | 苦手な人の意外な一面 »