« 毛管運動 | トップページ | 「 あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり」 »

2009年1月13日 (火)

「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」

「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」辺銀愛理著 マガジンハウス

昨年の夏、石垣島へ行ったときに「えらく行列のできてる店だなぁ」と思って前を通り過ぎたのが、「辺銀食堂」。この本の著者である辺銀氏がご夫婦で経営している店。

この本を読んだら「あー、あの時並んででも店に入ればよかった」と思ってしまいました。
石垣島ラー油づくりは全て手作業。決して効率がいいとは言えないけれど、それが「楽しい」という様子がとてもよく伝わる。ラベルに使う紙を吟味したり、「ラベルは手でちぎる」ということにこだわったり、読んでるこちらも楽しくなります。ものを作るって楽しそうだなと羨ましくなる本。
辺銀食堂、今度石垣島へ行ったら、ぜひ訪れてみたいです。

« 毛管運動 | トップページ | 「 あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毛管運動 | トップページ | 「 あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり」 »