« 和田裕美氏 | トップページ | 鏡開き »

2009年1月 8日 (木)

松江ブーム

昨年、出雲&松江を旅行したのはGWのこと。

松江は魚が美味しく、のどぐろの刺身が山盛りで出てきたのには卒倒しそうでした・・・。
コンパクトにまとまった町の規模も旅行にちょうどいい。
緑に囲まれた堀川めぐり(松江城を囲むお堀を遊覧船で巡る)もとても気分がよろしい。
一畑電車に乗ったり、ずっと行ってみたかった出雲大社と足立美術館も堪能し、大変満足な旅でした。

その後、自分の周りで3組ほど出雲&松江に行ったよという人が出没。
私が住んでいる地方から山陰へ行くのは「ちょっと気軽に」という感じではないのです。だから、3組というのはかなり「大多数」なのです。

これはちょっとした松江ブームか?と思っていたら、昨年10月から始まったNHK朝の連ドラの舞台が松江。これはいよいよかなりの松江ブームか?
最近では、ドラマでマナカナ扮する双子デュオが「次はメジャーデビューか!」というところで一波乱起きそうな展開で目が離せない(毎日録画して夕食時に見るのが日課)。

そんな中、しばらく年賀状のやり取りだけになっていたご学友から久しぶりのメール。
これまた「出雲&松江に行ったよ」という写真付の旅行報告ではありませんか。私は、偶然にも彼女への年賀状に「昨年のベスト旅行地は出雲&松江」と書いて送っていたのですが、そのことに彼女も反応しておりました。

昔の友達というのは、連絡がちょっと間遠になると、ついそのまま年賀状だけになってしまうことが多いのですが、何かのきっかけでまた激しくメールをやり取りしたりするんですよね。彼女の出雲&松江だよりに触発されて、また近況報告その他のコミュニケーションがとれそうです。きっかけを与えてくれた彼女のメールが嬉しいじゃありませんか。
同じところへ旅行していたというのも縁を感じる。やっぱり出雲は縁結びの神様かも。


« 和田裕美氏 | トップページ | 鏡開き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和田裕美氏 | トップページ | 鏡開き »