« 「ネコパンチ」と「ユビキタス」 | トップページ | 命名 »

2008年10月15日 (水)

「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」

噂のリッツ・カールトンのサービスについて書いてある部分よりはむしろ、
後半部分の著者が実践してきた心配りの基本テクニックや、
人脈の作り方がためになった。目新しいことではないけれど。

なかでも、「相手のよいところを5つ見つけてお付き合いを始める」は、
早速実践の機会に恵まれた。

今日仕事で打ち合わせをした相手は、ことごとくこちらの提案に文句ばかりつけてくる。
じっと聞きながらも、「怒」マークが自分の頭の上をヒラヒラ舞っているのがわかったが、
なんとかメカニズムを変えて、「怒」を追放しなければならない。


そうだ、この人のよいところを5つ見つけなければ!

文句を言い続ける彼女を見ながら、一生懸命いいところを考えた。

1.この人に会ったおかげで、別の懸案事項がどうでもよくなってきた
2.いまどき珍しいショッキングピンクの口紅を見られて懐かしかった(私自身はそのような色を塗ったことはありませんが)
3.「聞き流す」テクニックをブラッシュアップできた
4.「謙虚」って素晴らしい、ということを教えてくれた

最後に、
5.反面教師として私の前に現れてくれて、本当に感謝します。

« 「ネコパンチ」と「ユビキタス」 | トップページ | 命名 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ネコパンチ」と「ユビキタス」 | トップページ | 命名 »