« 「なぜビジネス書は間違うのか」 | トップページ | 知らないあいだに »

2008年9月24日 (水)

「サンクコスト時間術」

フォトリーディング教材として「サンクコスト時間術 (PHPビジネス新書 66)」を選んだ。
・・・つもりが、フォトリーディングというよりは単なる飛ばし読みになっていたかも。
たとえがわかりやすくて、普通に読んでも短時間でさくさく読めると思います。

「成果が出なかった過去の時間はきれいに忘れて、今と未来を見つめて成果をあげよう」
ということなのですが、ビジネスだけでなく普段の生活においても、
自分の心の持ち方を上手にコントロールする技術として使えそうです。

中でも「タイガー・ウッズのZONE発想」という項目には、あっと思いました。
ウッズは、「自分の精神状態がある状態(ゾーン)に入ると、周囲が気にならないぐらい集中」し、
「無意識に近い状態で、体が勝手に動く。そんなすごい状態に自分を導いて、スーパーショットを打っている」そうです。
その後、「ゾーン」への入り方も説明してあるのですが、フォトリーディングと似たものを感じました。

« 「なぜビジネス書は間違うのか」 | トップページ | 知らないあいだに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「なぜビジネス書は間違うのか」 | トップページ | 知らないあいだに »