« 「JRはなぜ変われたか」 | トップページ | 「どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 」 »

2008年9月30日 (火)

カレー2種

昨日の昼。会社近くのうどん屋でカレーうどんを食べた。

いまどき珍しい、かなり黄色っぽいカレー。
給食に出てきたあの味、あの色を見事に再現している。
具はかなり少ない。豚ばら肉の切れ端が2、3切れと、
ニンジンひとかけら、3ミリ幅のたまねぎ5本くらい。
うどんも「あれ?もう終わり?」と驚くくらい少ない。

いつもならここで「ンもう、これで700円!?」と怒るところだが、
三毒追放カツマニアとしては、
「なつかしぃ~!めったに食べられない、給食のカレーを思い出せてよかった!」
と前向きに捉えることが肝要である。

そして夜。

帰宅すると、夫が夕食作成中。メニューはカレー。

昼の食べ物と同じ名前で呼ぶのがためらわれるくらい、異なる食べ物だった。
たまねぎをみじん切りにしているので、
煮込み時間が短い割には良く甘みが出ている。
何度もカレーは作ってくれているが、その中でも1、2を争う出来だった。

昼の給食カレーがあってこそ、夜の美味しさがいっそう際立ったのかもしれない。
人生、無駄なことはないものである。

« 「JRはなぜ変われたか」 | トップページ | 「どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 」 »

コメント

ハハハァーアッツアツだね(カレーもお二人も)家のハンバーグはえらく美味しいので、それとカレーでパーティーしようか?!lovely

子どものころ、「ハンバーグカレー」は、盆と正月がいっぺんに来た、みたいなゴージャスな食べ物だと思っていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「JRはなぜ変われたか」 | トップページ | 「どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 」 »